完全自己血液由来フィブリンゲル<CGF>:広島でインプラント治療なら広島県広島市安佐南区の(医)淳和会川添歯科クリニック

インターネット予約


矯正治療で初診の 方は、
電話予約お願いします。

お問い合わせ

当院使用のZIMMER DENTAL社製Tapered Screw-Vent Implant

CGFの作製手順

採血部位をアルコール消毒する。

 

 

駆血帯を使用して手を縛る。
駆血することにより血管を怒張させ採血しやすくする。

 

 

採血する血管を決定する。
   
針をさす。
   
必要量(10~40cc)を採血する。
   
ガラス製の採血管をMedifugeにセットする。
   
スイッチを押し遠心分離をスタートさせる。
   
13分の遠心分離中。
   
Medifugeでわずか13分の遠心分離を行うことにより、 血液中の血小板や赤血球が分離される。上清は血清で、その下のゲルがフィブリンゲル(CGF)、最下層が赤血球、白血球、血小板等の血球成分である。プラスチック製の採血管で採血し、遠心分離を行うと、液体状のフィブリノーゲンが採取される。
   

成長因子や血小板を多く含んだ完全自己血液由来のフィブリンゲルCGF(oncentrated rowth actors)と
右ガラス容器に入っているのはAFG(Autologous Fibrinogen Glue)。
CGFはガラス採血管、AFGはプラスチック採血管で作製。

   

完全自己血液由来のフィブリンゲル

Medifugeで遠心分離を行うことにより、血液中の血小板や赤血球が分離されます。それと同時に、血液中の凝固因子が自然に刺激されてフィブリンゲルが形成されます。このフィブリンゲルは、成長因子や血小板などを多く含むうえ、添加物を一切用いないため、完全自己血液由来のゲル素材といえる。

実際の症例
上顎洞底挙上術 Sinus Lift (Lateral Approach)

上顎洞をlateralから開窓後、シュナイダー膜を上顎洞底から剥離する。
   
シュナイダー膜の上にCGFを置く。
   
骨補填剤(ネオボーン)とAFGを混ぜる。
   
CGFと上顎洞底の間のスペースに骨補填剤(AFGと混ぜたもの)を填入する。
   
骨開窓部にCGFを置き粘膜を縫合して終了とする。