インプラント術前シミュレーションソフト<シンプラント>:広島でインプラント治療なら広島県広島市安佐南区の(医)淳和会川添歯科クリニック

インターネット予約


矯正治療で初診の 方は、
電話予約お願いします。

お問い合わせ

当院使用のZIMMER DENTAL社製Tapered Screw-Vent Implant

<<ステントの作製方法>>

上下顎のスナップ印象を行い、研究用模型を作製し、 この研究用模型のCT撮影をおこなう。次に、 透明の基礎床作製用即時重合レジンを使用して欠損部位のベースプレートを作製する。 模型を咬合器装着後、ベースプレート上にワックス トゥースフォーマーで作製したワックス人工歯を配 列する。 多数歯欠損で咬合が安定しない場合は、 ロウ堤を作 製して咬合採得・咬合器装着後、ワックス人工歯を排列する
  1. ワックス人工歯を配列した研究用模型を印象採得し、ステント作製用の石こう模型を作製する。
  2. その模型に1.5mmのプラスチックシートをバキュームフォーマーで圧接してステントを作製する。
  3. 配列したワックス人工歯を湯洗して除去する。
  4. 2でできたステントを、ベースプレートを付けた模型に戻し、ステントとベースプレートを透明即時重合レジンで固定後、インプラント植立部位のベースプレートとステント咬合面上に穴をあける。
その穴とベースプレートの穴にプラスチック棒を挿入し、対合関係、顎堤の状態およびインプラントの平行性等を考慮してプラスチック棒の方向を決定し、ステント咬合面上で即時重合レジンを使用して固定する。患者のCT撮影は、このステントを装着した状態で行う。
上顎右側第一小臼歯プラスチック棒(計画したインプラント植立方向)の位置では少し頬側の骨が足りないため約1.3mm程度舌側に植立するよう計画。 上顎右側第一大臼歯部は計画通りプラスチック棒の方向で植立。
上顎右側第2大臼歯部も計画通りプラスチック棒の方向で植立。 3D画像で計画したインプラント植立方向が、設定した位置・方向と一致していることを確認。
3D画像で計画したインプラント植立方向が、設定した位置・方向と一致していることを確認。 上顎右側第一小臼歯。約1.3mmプラスチック棒より舌側に移動。3年前に上顎胴底拳上術施行済み。

上顎右側第一大臼歯。プラスチック棒の方向に植立。3年前に上顎胴底拳上術(lateral approach)施行済み。LANDmarker DIRECTは、インプラント設定部位でCT断面(上図のピンクの線で囲まれる平面)を360°回転することができるため、その回転断面でインプラント長軸がプラスチック棒と一致すれば、設定したところにインプラントを植立することになる。 上顎右側第二大臼歯。プラスチック棒の方向に植立。3年前に上顎胴底拳上術(lateral approach)施行済み。
ステントを装着した患者と模型の二つのCT画像を、LANDmarker DIRECTを使用してデータ合成後、シミュレーションを行い、計画したインプラント植立部位の顎骨の状態を調べ、位置・方向・深さを決定するが、必要な場合は、プラスチック棒の位置・方向を修正して即時重合レジンで再固定する。この際レジンを少し盛り上げて、プラスチック棒を除去後の穴が筒状になるようにし、これが手術時の最初のドリル(パイロットドリル)のガイドとなる。最後に、プラスチック棒を除去し、残存歯の切端・咬合面部および手術時の冷却水が届くようステント頬側部を開窓して手術用ステントとする。

■LANDmarker DIRECTを使用したインプラント手術用ステントの作製方法


術前の口腔内。上顎右側第一・第二小臼歯、第一・第二大臼歯欠損。 手術用ステントを口腔内に装着。ステントの穴(ガイド)に沿って骨を切削する(穴を開ける)だけ。
■切らない・腫れない・痛くない手術
<フラップレス手術>手術後の出血がほとんど見られない

■従来の一般的なインプラント手術法(歯肉切開)の欠点

1)術後に、歯肉腫脹・疼痛等が生じるため患者側
 の負担が大きい。
2)治癒に時間がかかる。
3)手術時間が長い。
4)術後の歯肉腫脹や疼痛のため仮の入歯を装着
 することが困難なことが多い。
■フラップレス術式のメリット

1)メスを使用しないため出血が少なく、手術後の
 腫れや痛みも大幅に軽減できる。
2)CT撮影とコンピューター設計によって安全・
 確実に手術を行うことができる。
3)手術時間が短縮され、来院回数も低減できる。
4)メスで切開しないため、歯肉の治癒が早く
 審美性も向上する。