矯正歯科:広島で矯正歯科なら広島県広島市安佐南区の(医)淳和会川添歯科クリニック

インターネット予約

矯正治療で初診の 方は、
電話予約お願いします。

お問い合わせ

<症例の紹介>

①歯の先天性欠如

 以前は、欠損部位の両サイドの健康な歯牙を削り、ブリッジを装着していましたが、最近はインプラント治療により健康な歯牙を傷つけない治療が可能となりました。

②空隙歯列・正中離開

 歯と歯の間に隙間が開いている状態。歯と歯の間に隙間があると、しゃべる時に歯の間から空気が漏れてしまいます。とくにサ行が発音しにくく不明瞭となります。また食べ物の繊維が歯の間に詰まりやすくなり、虫歯や歯周病の原因になる可能性があります。

③叢生

 叢生とは、歯が重なり合って生えている状態の歯並びのことです。
叢生は歯の大きさに対して顎の大きさが小さすぎることが原因となるのですが、日本人は基本的に顎の小さい人が多いので、叢生の人が非常に大勢います。(八重歯も叢生の一種です)叢生で歯が重なり合っていると見た目が悪いだけではなく、プラークコントロールが難しくなって虫歯や歯周病になりやすくなることもあります。

④上顎前突

 上顎前突とは、いわゆる出っ歯のことで、下の歯に比べ、前歯だけが飛び出している状態のものと、上顎の歯ぐきも歯と一緒に突き出ている状態のものがあります。前歯が前に出ているため、かみ合わせが悪くなり、食べ物をうまく噛み砕くことが出来ません。物をかむ時、下顎を前にずらしてかむ癖がついてしまい、放置しておくと顎の関節にも負担がかかってしまいます。また、ぶつかった拍子に歯が折れやすい、唇を切ってしまう、といった危険性もあります。一方、外見上では、笑うと歯ぐきが目立つ、唇が閉じにくいなどの特徴があります。そのため口の中が乾燥し、歯周病の原因になることもあります。意識的に唇を閉じようとすると、くちびる周辺の筋肉が緊張し、下顎の先端(オトガイ部)に梅干しのようなシワが寄ることもあります。

⑤反対咬合(下顎前突)

 反対咬合とは、よく受け口ともいわれるもので、下の歯が上の歯より前に出ている状態です。日本人には比較的多いタイプの不正咬合のひとつです。反対咬合は下の歯が前方に傾斜しているという原因だけでなく、下顎自体が前に出てしまっている場合や上顎が後ろに引っ込んでいるといった骨格のずれが原因となっている場合もあります。反対咬合だと、かみ合わせも悪くなるため、食べ物をよくかむことが出来なかったり、受け口になってしまうので、下顎ばかり目立ってしまい、見た目も悪くなってしまいます。また、発音が不明瞭になりやすいです。上顎は小学校低学年までに成長がほぼ終了してしまうので、出来るだけ早めに矯正治療を始めることが望ましいです。

⑥上下顎前突

 上下顎前突とは、上下の前歯が前方へ大きく傾斜した状態を指します。奥歯(第一大臼歯)のかみ合わせについては大きなずれが見られないことが多いです。上下顎前突では、前方に飛び出した歯が邪魔をして唇をうまく閉じることができない場合があります。口が閉じられないとますます口呼吸の改善が難しくなります。口呼吸は歯肉炎の原因にもなるため、歯と歯周組織の健康のためには良いことではありません。噛み合わせの観点からも上下顎前突では前歯を正しく使うことが出来ないため問題があります。また、上下顎前突では前歯に押されることで唇や口元が前方に突出するため、顔の見た目にも影響の強い不正咬合です。矯正治療による口元の外観の改善効果も出やすいとされています。

⑦開咬

 奥歯はきちんとかみ合っているのに前歯だけがかみ合わず、常に前歯があいた状態のことをいいます。口をあけると前歯の間から舌が見えるといった特徴があります。前歯で物をかむことが出来ないため、咀嚼機能に障害が表れます。常に奥歯で噛み砕くために必要以上の負担がかかり、歯や顎の骨を痛める原因となることもあります。指しゃぶりや舌癖などの習癖が原因となることがあります。

⑧過蓋咬合

 かみ合わせが著しく深い状態を過蓋咬合といいます。正常な噛み合わせでは、上の前歯が下の前歯の3分の1から4分の1を覆っていますが、過蓋咬合のかみ合わせでは、これよりも著しく深く覆うかみ合わせになっています。顎の動きを制限し、顎関節に負担がかかってしまうことがあります。