セレック症例6:広島でセレック治療なら広島県広島市安佐南区の(医)淳和会川添歯科クリニック

お問い合わせ

術前の状態。滞在期間が約3ヶ月と短い
ため、 矯正は行わずに補綴的に処置

術後の写真。上顎左右側犬歯と下顎右側犬歯
はラミネートベニアで他は全てオールセラミック
クラウン。上顎右側第一小臼歯はインプラント。
上顎前歯部を裏側から見たところ。オール
セラミック のため金属色ガ見られない。
下顎前歯部を裏側から見たところ。オール
セラミックのため金属色ガ見られない。

オールセラミッククラウントップページへ